施術一覧

銀座よしえクリニック大岡山院の行っている美容皮膚科の施術を
改善したい部位毎にご紹介します。

毛髪

薄毛治療(女性)

ハーグ療法(女性)

女性の社会進出によるストレスや生活バランスの乱れ、無理なダイエットによる栄養の偏りなどはホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまいます。 その結果、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる「毛乳頭」や「毛母細胞」に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。

女性の薄毛の特徴

ここ最近女性の脱毛患者が増えてきています

女性の社会進出によるストレスや生活バランスの乱れ、無理なダイエットによる栄養の偏りなどはホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまいます。
その結果、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる「毛乳頭」や「毛母細胞」に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。
加齢にしたがって、髪の毛が細くなってくる細毛化だけではなく、女性の男性型脱毛症や、円形脱毛症、など様々な症状が発生しております。

女性の薄毛の種類

びまん性脱毛症

女性特有の頭髪が全体的に薄くなる脱毛症

AGA(エージーエー)は抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。 ただし、AGA(エージーエー)では普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

粃糠性(ひこうせい)脱毛症・脂漏性(しろうせい)脱毛症

菌などが繁殖して毛根が炎症することによる脱毛症

脂漏性脱毛症とはホルモンのバランス異常などで過剰に皮脂が分泌され、それらが毛穴を塞ぐ事で毛穴周辺部や毛根が炎症を起こし、髪が抜けるという症状を引き起こす脱毛症のことです。 保険治療で改善することが多いです。

産後脱毛症

出産後しばらくしてから急激に抜け毛が増える脱毛症

産後脱毛症は妊娠・出産にともなう急激なホルモンの変化が原因であり、一過性のものに過ぎないので基本的に治療が必要な脱毛症ではないく、大体半年~1年の間には回復し、妊娠前の状態に戻りますが、高齢出産や育児疲れ、ストレスが原因で産後の脱毛症が長引いている方には治療が必要と思われます。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

髪をまとめる時や髪の重みによる生え際への負担で薄くなる脱毛症

張力による毛根や毛髪への物理的なダメージと、頭皮の緊張状態が長く続くことで血行不良がおきて、 結果として髪に栄養が行き渡らなくなるというのが直接的な原因です。

薄毛治療STEP

カウンセリング

検査

検査結果をもとに治療方法を選択

血液検査+血圧検査

何か基礎疾患を持ってないか、又これから治療を始める際に身体に問題はないかをチェックします。

料金

・初診料+血液検査+血圧測定 8,000円(税抜)

詳しくはお問合せください。

DHT血中濃度検査

女性の男性型脱毛症が疑われる場合に検査をおすすめします。 DHT血中濃度検査とは、FAGA(女性男性型脱毛症)を引き起こす原因である、DHT(ジヒドロテストステロン)の血中濃度を測定する検査です。 DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛根内の受容体(レセプター)と結びつく事で、強い脱毛作用を引き起こし、発毛を阻害、薄毛の原因となります。

施術工程

  • ①血液検査の際に採取した血液により同時に測定します。
  • ②検査結果が出るまでに、2~3週間かかります。

料金

・ DHT血中濃度検査 15,000円(税抜)

詳しくはお問合せください。

保険診療についてはご予約は必要ありません。診察時間内のご都合の良い時にお越しください。